気持ちのいい売買のために

ネット上のショップに自分のトレカを売る・・・。
未経験の方にとってはかなり特殊な状況ですから、不安もあると思います。
ですが内容や手順をきちんと理解した上で利用すれば、こんなに便利なシステムはありません。
自分のコレクションやデッキ強化のために、一歩踏み出してみましょう!

そのためにはいくつかのコツがあるので、よろしければお試しください。
ちょっと長文になりますが、きっとお役に立てると思います。

売りたい商品の相場をチェックする

まずは自分の売りたい商品の価値を知っておくことが重要です。
最近はオークションの落札状況がわかるサイトがありますので、ここでカード名で検索すればだいたいの相場がわかります。
そしてその価格を、これから売る時の判断基準にすれば良いでしょう。

 

ただし、相場は「常に」変動しています。発売直後の高値イメージにいつまでもとらわれていると、がっかりすることがあるかもしれません。

ショップに売るか?オークションで売るか?

オークション価格は個人間の取引額ですから、
ショップ価格と比べ経費(それを売るための人件費や店舗の家賃など)が無い分、
純粋にその商品の価値が反映されていると判断していいでしょう。

ショップの立場からこんな事を言うのも変ですが、発売直後のオークション高値にはチャンプルの買取価格など到底かないません。
もちろん、それに近い金額が提示できるよう努力はしていますが・・

たとえばデータカードダスの落札相場は、
稼働直後から1ヶ月で約半額になってしまうものがほとんどです。
ショップは価値が下がっていく商品に対し
入荷後の経費を含めた販売価格を考えた上で
買取を行わなければなりません。

したがって、オークション価格以上の値をつけて買取することは非常に難しいのです。
もし自分の売りたい商品が単品で、
稼働直後でまだあまり出回っていないものであれば、
オークションの方が高く売れる可能性があります。
個人間の連絡のやりとりや入金確認・評価などの若干の手間が余計にかかりますが、
それでも試してみる価値はあるでしょう。

ショップ価格を比較してみる

インターネット上に買取店は多数存在します。
「カードショップ」で検索すると当店をはじめたくさんのショップを見つける事ができます。
買取価格表を公開しているショップも少なくありませんのでそこで現在の買取価格を比較検討してみましょう。

新発売の商品も、稼働してしばらくすると値段が安定してきます。
そしてここから、各ショップの買取価格競争も本格化してきます。
もちろん販売価格にも磨きがかかります。
発売当初の価格から、日ごとの安売り競争にも同時に突入していくことでしょう。

未入荷や売切れ中の商品に関してはどこよりも高値を提示する覚悟の当店ですが、
入荷殺到や在庫の状況に応じて、予告なく買取価格を下げるときがあります。
その時は他店の方が買取額が高いという事態が発生してしまいます。
在庫がなくなり次第、買取額は回復しますが、そういったタイミングも含め、
ショップ選びは自己責任で慎重に行ってください。

買取額の有効期限

ショップが公開している買取価格表には有効期限のあるものがありますが、その期限には注意が必要です。
速さと安全性を誇るレターパックでの発送も、投函から到着まで最長で中2日を要します。
せっかく発送しても期限内に到着しなければ、当然その価格は無効とされてしまいます。

買取価格保証なら、当店の買取額キープサービスが安全確実です。

在庫状況や相場の変動でキープ申込時に表示額と違う提示をさせていただくこともまれにありますが、
キープ成立後は確実に価格を保障いたします。
ただし、この保障にも3日(構築系は4日)の有効期限があります。
このサービスを始めたのは当店が業界初ですが、究極の買取サービスだと自負しています。

売りたい商品の状態をチェック

せっかく送ったカードがキズあり査定で減額されてしまった・・・。
そのガッカリ感は計り知れません。特に送った本人が気づいてないキズであればなおさらです。
当店でも査定連絡後、新品を送ったのになんでキズあり?そんな事はありえない!
と申込者からご指摘を受ける事があります。

当店スタッフは商品取扱には細心の注意を払っており、
査定時や到着開封時にキズが入る事は基本的にありません。

残念ですが、トレカ全般に「初期キズ」というものが存在します。
購入(排出)後、未使用なのにもかかわらず、
その時点で微細なキズが入っているケースが少なからずあるのです。

初期傷イメージ画像

ショップでは二次販売を目的として買取を行っておりますので、
このような初期キズにしろ、販売時には「キズあり商品」として売らなければならない義務があります。
したがってその場合には止むを得ず減額対象とさせていただいています。

トラブル回避のためにも、発送(売却)前には今一度しっかり状態をチェックしましょう。

また、査定後に減額査定分をきちんと確認する事も忘れてはいけません。
どのくらいのキズによりいくら減額されたのか納得した上で買取に同意してください。

 

PAGE TOP